November 29, 2014

第一回が予想以上の大反響だったので早めの第二回を

動画で見比べて彼の凄さを改めて感じる回

楽曲ごとに色々違いはあるので比較動画ランダムにチョイス。


三浦大知 / 『I'm On Fire』from NEW ALBUM「The Entertainer」

恐らく今までで一番手の込んだ(編集側)MVがI'm On Fire
ロケもあって見応えたっぷり
MJへの愛もたっぷり感じる作品。

ダンスバトル的なシチュエーションもあるおかげで
荒々しいスタイルも楽しめる。

やはりダンサーとして海外の大会にも出ていた経験がものがたっている。
編成期は歌の活動をやめて、恐らくダンスに明け暮れていたのだろう。

2006年頃深夜でやっていた 日本テレビ系 スーパーチャンプル
にもChris Brownと一緒に出ていたりとダンスに対しての
愛情が今までの三浦大知を創ったのであろう。

他のアーティストとの違いは
彼の動きのしなやかさや美しさ。
無駄のない動きがしなやかに見えるのか、
美しい動きの角度がそう感じさせるのかは
わからないけれどもいつもそこに驚かされるし、
完璧だ・・・と思ってしまう。

もちろんいつもバックにいて安定感抜群な
s**t kingz との切磋琢磨があってこその今があるのであろう。



Chris Brown - Fine China Dance 1 Take

最新アルバムXから事実こぼれた楽曲(デラックス盤に収録)
MJを意識した楽曲でフリもどこかMJを彷彿させる。
Chris Brownは身体能力を生かしたバク転やバク宙など
アクロバティックなダンスが魅力的。

ここ最近はLook At Me Now やLoyal と言ったHipHop寄りの楽曲でヒット
異質なR&Bシンガーではないかと自分は思っている。



Usher - DJ Got Us Fallin' in Love ft. Pitbull

要所要所でラッパーと特大のヒットを生み出すUsher
EDMの下地を作ってきた楽曲であろう。
流行りを上手く吸収できるエンターテイナー。

Chris Brownよりもがっつり踊ると言ったイメージは最近無いが、
Usherも15歳でデビュー いきなりヒットを飛ばして
今も第一線で活躍している、素晴らしいキャリアの持ち主。



Justin Timberlake - Rock Your Body

大人気ボーイズグループ'N Sync を2002年に活動休止して
ソロでも大成功を収めたのがJustin Timberlake

デビュー一発目はファレル色
デビュー二発目はティンバ色
とビーツに重みを置いた作品が多く
ダンスと歌のバランスが一番いいアーティスト。

そして何より注目するべき点は
多数の映画に出演しているという事。

正に正真正銘のエンターテイナーと言うわけだ。

Liveではピアノやギターも弾きこなす姿は
映画で彼の姿を初めて知った方は驚くであろう。
(少ないと思いますが)

この中でも一番三浦大知が影響を受けていそうなアーティスト。


----------------------------------------------------------------------
色々なアーティストの相違点や経歴など、
角度を変えて観ると色々なモノが見えてくる。

誰が一番とかそういう事ではなく、
ココに上げたアーティストは本当に素晴らしいアーティスト。

大きい括りで音楽を楽しんでくれたら
このサイトを立ち上げた意味があると思う。

(23:54)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字